相続 年金 不動産 FP ライフプラットホームOffice
身の丈予算®の住宅購入〜失敗しない為に事前準備を〜
自分スタイルでお金も仕事もあなたらしく ファイナンシャルコーチ・ジャパン
資金計画 事故的な要素も強い。①会社のウゴキの事前確認。②ボーナスに頼らない資金プランが必要。
資金計画 同上。資金プランは、まず毎月払いのみで試算するのが鉄則。きつそうであれらばボーナス併用パターンで試算し直し。この順番は結構大事。
収入見込みの甘さ。収入に不安があるのなら、万が一を考えた資金計画も必要。
資金計画 失敗とも言い難い。会社が簡単に潰れてしまう世の中なので。だが、緊急予備資金の考え方が適切だったかどうか。100万円、200万円の違いは大きい。
資金計画 一般購入者にわかりにくいのが「つなぎ融資」。利用するとなった際、業者に納得がいくまで質問したかどうか。わからないことは納得できるまで質問すること。わからないままで契約を進めると取り返しのつかないことに。不動産のトラブルは必ずといってよいほどお金がからむ。自己責任を意識しよう。
資金計画 資金計画の甘さ。なぜ倍額もの返済になるのか。管理費・維持費等毎月払わねばならない費用はローンに上乗せして考えること。ボーナス払いはわかっていたこと、甘し。
資金計画・トラブル 資金計画は業者任せにせず、自分でも試算してみること。専門的な部分は仕方がないが、業者意外の専門家に見てもらうとか、ほんの少しの不安も残さないように。業者の計算ミス、そうなる前に業者の知識や態度から何となくサインがでていなかったかどうか。担当者の良し悪しは、購入決定に大きく影響するとの調査結果あり。他の人も気にしている、厳しい目で担当者をチェックしよう。
諸費用 諸費用をどのように見積もったのか。一度早期に試算して、それっきりになっていなかったか。建物プランが具体的になるに従って諸費用計算も段階毎に行なおう。また、手持ちのお金と、欲しいもの&必要なものリストのマッチングが必要。
同上。諸費用は原則現金払い。計算はシビアにしたい。
ローン・返済 よくある落とし穴。ボーナスや給料振込みの月日と返済月日のずれには要注意。業者から言われるままに、「ボーナス払いは6月と12月で」と安易に決めてはならない。
ローン・返済 金利の動きを読みきるのは不可能。だが、トレンドは追いかけること。さらに、融資種別によって、いつの時点の金利が適用されるのかが異なるので、ローン契約の前に確認すべきであった。
ローン・返済 勉強不足。最低限の知識は身につけたい。金融機関によるが、何年以上、何年単位、最長何年で組める、という内容は盛り込みたい。
ローン・返済 金利の上昇・下降を読み切るのは不可能。だが、金利の仕組み、変動金利のリスクなどについては、知っておきたい。
ローン・返済 同上。固定期間選択型、など住宅ローンの種類も多岐に及ぶ。オーソドックスな基本型をマスターすれば、応用が利いて良い。
ローン・返済 住宅支援機構利用などの場合、金融機関を指定されるケースがあるが、その他の(お給与振込みの)金融機関でも問題なし。自分の意思を主張しよう。
ローン・返済 知識不足。当初の少しだけガンガン返済タイプのあなた向き
ローン・返済 収入合算はお手軽だが気をつけたい。ご夫婦揃ってのWインカムがいつまでで続くのか。また出産等に際して奥様の仕事の去就など、考えられる(予定できる)内容は、考慮して計画を立てるよう。
ローン・返済 金融機関によって条件は様々。繰上げ返済の予定あるのなら、新規の借り入れの際に条件(最低金額、回数制限、手数料)を確認することが必要。
ローン・返済 金利やローンの仕組みを理解しよう
契約・建築費等 契約書を読む、ことのススメ。このようなことは普通のこと?特別?
建築費等 見積もりは合計金額も必要だが、明細が重要。明細を他社と比較しよう。
建築費等 追加工事が発生いた場合の対応。事前に業者とつめておこう。
建築費等 購入費以外にオプション料などまとまったお金が必要となる場合もある。本体価格
建築費等 諸費用等の計算は、個別具体的に行なうこと。
メンテナンス マンションにおける管理費のように、メンテナンス費用を積み立てていざの時に活かしたい。
オプション費用 良いものがすべて住宅に付いていれば問題なし。だが多額のお金が必要。予算を立て、本当に必要なものだけつけたいものだ。
税金・保険 保険料など毎月の支払いが必要なものは、住宅ローンの支払額にプラスして毎月分を把握しておこう。
税金 認識不足。購入前に意識しておこう。
税金 財産が増えると、税金も増えるので要注意。
税金 税金に関する基礎知識も必要。住宅に関しては、優遇措置も多く、理解しておきたい。
税金 ローン控除や名義の問題。
その他 場所の選択、によって不要な思ってもみなかった費用がかさむ、との例
その他 タイミングの問題だが、必要な時が買い時であると思うが?
その他 無駄な出費。入居の時期の確認は重要。結婚して新居に、とのケースも同じ。入居できないために、その間賃貸住まいであったり、ばらばらに親元で暮らしたりと、考えてもみなかったことに。
代金は、引渡しと同時に、が原則である。


北野 靖
(株)シー・アイ・シー総研 代表取締役
ファイナンシャルコーチ
LLPファイナンシャルコーチ・ジャパン四天王

玉井 健裕
玉井FP・行政書士事務所 代表
行政書士
ファイナンシャルプランナー
賃貸不動産経営管理士
宅地建物取引主任者

泉 稔
泉経営・FP相談事務所 代表
中小企業診断士
FP1級技能士
プライバシーマーク取得支援
経営シミュレーション 他社員研修
FP技能検定3級 試験対策講座
financial Coach Japnan
玉井行政書士事務所
泉経営・FP相談事務所
シー・アイ・シー総研
管理用
会社概要プライバシーポリシーお問い合わせ
http://www.life-plat.com
Copyright 株式会社ライフプラットoffice All Rights Reserved.

Powerd By YsFarm
Login