相続 年金 不動産 FP ライフプラットホームOffice

コンプライアンス経営

皆さんはどう思いますか?

   
茶髪ってコンプライアンス違反?
茶髪を規制する法律はなく、「社会人たる者、茶髪など許されない」と考える者もいれば、「茶髪なんて、いまや普通だ」と考える者もおります。対立している価値観はどこまでいっても平行線をたどることになります。誰もが納得できる合理的な根拠が必要になります。 コンプライアンスとは、ステークホルダーの信頼を得るための活動です。ステークホルダーには、従業員も含まれます。従業員が快適に業務へ生年できる環境をつくることは、従業員の信頼を得ることにつながります。 今回の茶髪問題で発生したこと  ・取引先からのクレーム。  ・茶髪問題で社内の話題となり、業務の集中を妨げる。 企業は人の集まりであり、人はそれぞれの価値観をもっています。例えば、営利至上主義は、一つの価値観ですが、コンプライアンスを重視するのも、1つの価値観です。社内の多様な価値観をコンプライアンス重視主義にまとめるには、コンプライアンスに基く行為を、規程・ルールとして定める必要があります。(身だしなみ規程など) 明確なコンプライアンス経営方針に基いて、各種規定・規程類を整備し、コンプライアンス経営の目的や意義、社内推進体制等を社内外に周知徹底する必要がある。 作成された「身だしなみ規程」により、茶髪にした社員に、コンプライアンス違反であることを指摘・指導することになる。
百貨店に勤務している友人よりスキーの新モデルが出たので、誰か知っていたら教えて言われ、スキーが趣味の取引先社長のことを教えた。これって個人情報の漏洩?(会社名・社長名・趣味)
個人情報の漏洩にあたります。 その友人が、社長に対して新製品のダイレクトメールを送りました。もらった社長が、日頃取引がないのにおかしいと思い百貨店に問合せしたら今回のことが分った。 個人情報保護法は、実益があったかどうかを要件としていないので注意が必要です。また、企業としても社員がやったことは会社の責任であり、取引に対しても信用をうしなうことになりますので日頃の社内研修が重要になります。

コンプライアンスとは 「なんとなくわかるが、正確なところはよくわからない」といった方が多いのではないかと思います。

 近年までは、主として、企業に対して法令を遵守させるためにコンプイアンスという言葉が用いられてきたのです。

 しかし、現在では、法令遵守よりももっと広い意味で用いられるようになっています。法令にとどまらず倫理・社内規程など社会におけるさまざまな規範など幅広く含む概念とされています。

 こうして言うと、すごく高尚なものと思われるかもしれませんが、これは世間一般の人にとって、ごく当たり前で、むしろできなければ恥ずかしいとさえいるようなものです。コンプライアンスという言葉にだまされないで、だれでもできる当たり前のことなのだということを、常に意識して下さい。

なぜコンプライアンスが重視されるのか?

  • 最近の企業の不祥事

    洋菓子に賞味期限切れの牛乳を使用し営業停止に追い込まれた不二家、北海道加ト吉から提供を受けた冷凍コロッケの賞味期限を改ざんして販売する等を行った北海道ミートホープ、豚等の挽き肉を牛の挽き肉と偽ったり、外国産牛肉を国産と偽ったり、また、賞味期限を改ざんした「白い恋人」等食品企業の不祥事が次々に発生し、消費者の不安が高まっている。

  • 企業の不祥事が激増したのか?

    手抜き工事、欠陥・事故隠し、耐震偽装、脱税、粉飾決算、横領、情報漏洩、インサイダー取引、談合、セクハラ、飲酒運転等企業を巡る不祥事が後を絶つことはなく発生しております。
    でもこのような不祥事は今に始まったことではなく、昔からあったものです。それを「ナアナア」ですまされたり、「問題にするのは大人げない」等として無視されていたのです。
    時代の変化により、社会の目が「許されざること」として認識され出した、という側面が大きいように思われます。そのような意識の変化の中では、他社の不祥事を「他人事」と言い切れる企業は非常に少ないのではないかと思います。
    これからは、企業不祥事の発生の防止策が必要であり、万一これが発生した場合の対処を誤ると、企業の存続すら危殆に瀕することは間違いありません。

 コンプライアンスはという言葉が、今日脚光を浴びるようになったのは、これまでの企業経営でコンプライアンスが重視されてこなかったという現実の裏返しでもあるのです。ですから、最近コンプライアンスが声高に叫ばれているのは、「法令等をきちんと遵守しましょう。建前でなく、企業経営の最優先課題として全社的にコンプライアンスを実施しましょう」と企業経営者に対して強く要求されているということなのです。コンプライアンスは企業の行動基準として最優先されるべきものです。

事例
具体的事例
毎日、夜遅くまで仕事をしていた社員が、明日休日なので自宅で仕事をしようとして、作成途中のデータを、USBメモリーに記録して持ち帰ることにしました。明日休日ということもあり帰り道に飲み屋に立ち寄り帰る途中、日頃の疲れもあり、電車の中で居眠りをしてしまい、USBメモリーの入ったかばんを置き引きされて紛失しました。


  対応 ・USBに登録されている情報の特定

     ・悪用される可能性が高いという前提で対応

      個人情報流出の公表、該当する個人に対するお詫びと注意の呼びかけ

     ・問題点の整理

     ・対応策の立案(規程の見直し、マニュアル整備など)

     ・全社員へ周知

 *法律の改正・技術の進展・社会情勢の変化、他社の
  トラブル・事故、
  自社のトラブル等で、マニュアルを見直ししていく
  ことが重要である。

内部統制による社内体制の整備
中小企業を経営していると、よくあるできごとの一つが、社員の横領です。

例えば

  • 領収書の金額を偽装したり(例えば数字「1」を数字「4」に書き替える金額に一桁「0」追加する)、白地の領収書をもらったり、架空の領収書を作ったりして、それを経費精算することにより会社から横領する。
  • 会社の切手や、交際用の商品券などを金券ショップで換金して自分のふところに入れる。
  • 架空の派遣社員を仕立て、その社員に対し給料を支払い、実際は自分のふところ入れる。
    経営者が派遣社員全てを把握しきれない派遣系の会社で特にあることです。)
  • 実在しない仕入先や外注先があるように請求書を偽装し、実際は自分のふところに入れる。
  • 会社の商品や、備品を横流しする。
  • ただ単に経理社員が預金口座から現金を抜き出したり、グルになっているところに振込されたりして、仕訳処理を偽装して分からないようにする。
  • 仕入先や外注先との折衝担当の社員が、仕入先や外注先からリベートをもらう。例えば、外注先A社と外注先B社が競合する場合、ある工事の外注代金の見積りはA社150万円、B社100万円として、自社に損を与えないためにはB社を選択することになりますが、外注担当の社員がA社から、30万円のバックマージンをあげるからA社を選んでほしいと言われ、外注先との折衝担当社員はA社を選択し、自分のふところに30万円を入れます。これはわざわざ高い外注先を選定することになり、会社に損害を与えることになります。
  • 現金や小切手で回収した売掛金を、あたかも未回収のように装い自分のふところに入れる。今、私が思いついただけでも、社員による横領は、これだけの方法があります。他にもいろいろな方法があるでしょう。社員による横領が行われると、会社に多大な損害がもたらされ、それが会社を傾かせる原因になったりします。

中小企業の多くの企業から、社員による横領があった、という話を聞きます。
大企業に比べ、社内体制の整備が不十分である中小企業にとっは、横領が起こりやすい土壌があるのです。
自分のところは大丈夫、という企業ほど、危ないものだと思ってください。



北野 靖
(株)シー・アイ・シー総研 代表取締役
ファイナンシャルコーチ
LLPファイナンシャルコーチ・ジャパン四天王

玉井 健裕
玉井FP・行政書士事務所 代表
行政書士
ファイナンシャルプランナー
賃貸不動産経営管理士
宅地建物取引主任者

泉 稔
泉経営・FP相談事務所 代表
中小企業診断士
FP1級技能士
プライバシーマーク取得支援
経営シミュレーション 他社員研修
FP技能検定3級 試験対策講座
financial Coach Japnan
玉井行政書士事務所
泉経営・FP相談事務所
シー・アイ・シー総研
管理用
会社概要プライバシーポリシーお問い合わせ
http://www.life-plat.com
Copyright 株式会社ライフプラットoffice All Rights Reserved.

Powerd By YsFarm
Login